【他人の評価に一喜一憂していては何事もできない】

今日は、ある教訓を紹介します(^^)

勘太郎と勘助は、いずれ劣らぬ親バカ小バカであった。

農業を営んでいたが、何をやっても失敗ばかりで家財道具まで食いつめた。

残ったのは一頭の小馬だけ。

親子相談の末、その小馬も町へ売りに行くことになった。

しばらく行くと、すれ違った男がささやいた。

「大きな男が二人で馬を引っ張っていくより、だれか一人乗ってゆけばよいのに……」

それもそうだと思った父親の勘太郎は、「おい勘助、おまえ乗れ。オレが引いてやろう」と息子を馬に乗せる。

また行くと旅人がしゃべりながら通った。

「あの息子は年老いた親父に馬を引かせて、己が気楽に乗っている。何と親不孝な奴だろう」

勘太郎は、なるほどと思って、「おい勘助、オレが乗る。おまえ引っぱれ」と自分が乗った。

またすれ違った人がつぶやいていく。

「あの親父、若いもんに引かして我が身が平気で乗っている。無慈悲な親じゃのう」

勘太郎、またまたなるほどそうだと感心して、「勘助、おまえも一緒に乗らんか」と二人が一緒に小馬に乗った。

また旅人がささやいた。

「まあ、ひどい親子もあるものだ。あんな小さな馬に大の男が二人も乗って、なんと無茶な奴らだろう」

また親子ともにうなずいて、小馬の足をくくって二人でかついで町まで行った。

あこそこと売り歩いたが、だれも買う者はいなかった。

そのうちに、長い橋を渡っているところへやってきた自動車に驚いて、馬が川の中に落ちて死んでしまったという。

他人の意見に、静かに耳を傾ける度量は必要ですが、他人の批評に一喜一憂していては、何事も成し遂げることはできません(>_<)

ここ一つという場面では、信念を貫き通したいですね。

オンライン講座案内
MENU