人と比べてしまう私たちの特徴について、書きましたが、今回はその続きです。
私たちが比べる相手は、自分より優れている人だけではありません。
私たちは、自分より下の人と比べることがあります。

こういう心理を、「下方比較」と言われます。

この下方比較は、あの人よりかは、マシだ、と多少の安心感を得ることができますが、今の自分のままでいいんだと、思考や行動が止まってしまう弊害があります。

また、人を見下す様になることもあります。

人を見下すと、なんでこんな事もできないのか!とイライラしやすくなります。
誰しも得意不得意があり、最初からできる人はありません。

それを忘れ、できない人に対して、酷い言動を取っていると、知らぬ間に周りから人がいなくなってしまいます。自分よりもできない人と比べて得られるものは、一時の優越感であって、その後には多くのものを失う悲劇が待っています。

自分より優れている人を見れば卑屈や嫉妬になり、自分より下の人を見ると、見下したり、怒りとなる、生き辛い世の中を、ブッダは、娑婆(しゃば)と教えられています。

様々な人間関係の苦しみや、人と比べて落ち込んだり、イライラしたりする苦しみは、根っこをたどると同じであると教えられています。

その根本原因を間違っているので、どれだけ対処しても、次から次へと苦しみが色を変え、形を変えて、襲ってきます。

ブッダはその苦しみの根っこを、諸の生死勤苦の本(もろもろのしょうじごんくのもと)と教えられ、これを抜き去ることで、本当の幸せになれると教えられています。

その幸せを、無碍の一道(むげのいちどう)とも教えられ、何モノものもさわりとならない幸せだと教えられています。

その幸せになるにはどうしたらいいのか、ぜひ、ブッダの教えを学んで頂きたいと思います。

オンライン講座案内
MENU