しあわせのみちしるべ 1回目


ふつうに生きる私たちの、たった1つの願い。

それは「しあわせになりたい」ということ。

毎日そのために頑張っているのに、なぜか努力は空回り。

一体何を求めたら、本当に幸せになれるの?

その答えを教えられたのがまさか、仏教だったなんてね。

これは、そんなユウ子の物語……。

  • 代わり映えのない毎日。生きてる意味って何?

「やだ、私、泣いてる……?」

ガラスに映った自分の姿に、ユウ子は慌てて顔をぬぐった。

 

都内の出版社に勤めるユウ子は、40代前半。

ファッション誌の編集を手掛け、数々の流行を生み出してきた。

自立した女性として生きてきた自負もある。

だがこの数年、目に見えて体力が落ち、若い時のような無理は利かなくなった。

仕事への興味も薄れ、先のことを考えると不安になる。

(私は幸せに向かって生きてるのかなぁ)

会社と家の往復。

代わり映えのしない毎日。

何が足りないわけではないが、心が満たされない。

そんな心を持て余し、最近はベッドの中だけでなく、通勤電車でも、ふと涙があふれてくる。

 

〈生きてる意味って、何ですか?〉

 

ユウ子は、よく見るインターネットの掲示板に問いかけてみた。

すぐにたくさんのコメントがつく。

多くの人が「私も同じ気持ち」と共感してくれた。

こんな回答もあった。

〈生きることに意味なんてない。生きるために生きるのだと思う〉

「うーん」

仕事が楽しかった20代なら、これでも満足したに違いない。

だが今のユウ子を励ます力はなかった。

「なぜジョギングするの?」と尋ねて、「ジョギングするためにジョギングする」

と答えられてもよく分からない。

「なぜ生きるか」の問いに、「生きるために生きる」と言われても、答えになっていないからだ。

「生きるために生きる」というのは、「泳ぐために泳ぐ」というのと同じ。

流れに漂う浮草は、あてどもなく行きつ戻りつ、やがて自ら腐っていく。

 

(これじゃ死ぬために生きているっていうことになるじゃない)

 

気を取り直し、ユウ子は次の回答に目をやった。

〈死んだら天国。それまでこの世で自分の魂を磨くのが人生です〉

 

最近はやりの「スピリチュアル」ね。

 

なるほど、「この世は修行の場」といわれれば「苦しみにも意味があった」

と少しは慰められるかもしれない。


でも、とユウ子は思う。

死んで本当に天国に行けるだろうか。

結局、死んでみなければ分からないのではなかろうか。

とすれば、生きているうちはどんなに頑張っても、やっぱり不安を抱えていることになる。

これまでの人生を振り返って、不真面目に生きてきたつもりもないが、魂を磨いたかと言われれば、とてもそんな自信はない。

 

むしろ自分の死について考えると、ユウ子は暗い気持ちになるばかりだった。

小学生のころなどは、死ぬのが怖くて眠れなかった。

天国に行けるとは、無邪気に思えそうもない。

ひととおり読み終え、ユウ子は大きくため息をついた。

 

「やっぱり答えなんて分かんないか」

 

 数日後の昼休み。

 

「ユウ子先輩、そんなこと考えてたんだ」

「らしくないでしょ」

休憩室で、なんとなく後輩の男性に悩みを打ち明けると、

「そんなことないですよ。僕も同じ疑問があって今、仏教を学んでるんです」

彼は穏やかな口調で言った。

 

「へー、そうなんだ」

身近に同じように悩んでいる人がいたと知って、ユウ子は少しほっとした。

 

「ちょうど週末、勉強会があるんですけど、よかったら参加してみませんか」

 

「仏教か……」

 

遠い記憶を呼び覚まされるような懐かしい響き。

 

“お釈迦さまの教えよね。聞いてみようかな”

 

と、素直に思った。

 

週末、近くのコーヒー・ショップで2人は待ち合わせることにした。

 

桜並木が、街を淡い春色に染めていた。

(つづく)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

タイトルとURLをコピーしました