しあわせのみちしるべ 4回目


(前回まで)

「水平線しか見えない海で、丸太や板切れにすがっては裏切られ、苦しみから離れられないのが人生」

 という仏教の例えに深くうなずくユウ子に、講師は

「それは変わらない本当の幸せを知らないからだ」と語る。

  • 絶対壊れない大きな船

「丸太や板切れの幸せにすがっては裏切られ、苦しんでいる私たちに、親鸞聖人は

「絶対壊れない大きな船があるんだよ」

と教えられています。

それが

「難度の海を度する大船」

です。

「苦しみの波の果てしない海を、明るく楽しく渡す大船がある。

 この大船に乗ることこそ人生の目的なんだよ」

と親鸞聖人は教えられたのです。

この苦海の人生を渡す大船に乗ったならば、真っ暗がりの人生が、光明輝く世界への楽しい航海に、ものの見事に大転換、

「人間に生まれてよかった!この幸せになるための人生だったのか」

と、人生の目的が、鮮やかに知らされるのです。

親鸞聖人自身、29歳の時に、この大船に乗せられたぞ!と告白され、800年後の私たちにも、声を限りに叫ばれているのです。

「おーい、人生を明るく楽しく渡す大きな船があるぞー!早く、乗ってくれよー」と。

講師の話を聞きながら、ユウ子は自分のたどってきた道のりを思い出していた。

厳しかった父。

いじめに遭った中学時代。

7年間つきあった彼との別れ。

初めて女性管理職に抜擢された喜び。

振り返れば、夢のようだ。

丸太や板切れにすがっては裏切られ、私はどこへ向かっているのだろう。

この先、どんなものを手にしようが、きっと同じ繰り返しに違いない。

「人生には目的がある。

 難度海を度する大船がある。

 絶対変わらない幸福がある」

親鸞聖人の断言が無性にうれしかった。

勉強会が終わった後、後輩君が言った。

「ある本に

『人生の目的を知らずに100年生きるより、人生の目的に向かって1日生きるほうがはるかによい』

 っていうお釈迦様の言葉が載ってたんですよ。

 生きるって楽じゃないですけど、最悪なのは、その苦労が報われないことじゃないですか。

 それって生きる目的がはっきりするか、どうかで決まりますよね」

うなずきながら、ユウ子は答えた。

「何か少し、分かりかけてきた気がするわ。

 それで一つ聞きたいんだけど、この船にはどうすれば乗れるの?」

  • 「大船」に乗る道は「○○一つ」

「ユウ子先輩は、どう思います?」

 後輩君が、逆質問してきた。

「どう思うって、分からないから、聞いてるんじゃない。

 ……っていうか、もしかして、あなたも知らないとか?」

「あ、いえ、すみません。

 そうじゃないんですけど、たぶん答えが予想外だと思うんで、ユウ子先輩が今、どんな答えを想像してるのかな~と思って」

 後輩君はちょっといたずらっぽく笑った。


「うーん、そうくるかー。

 じゃあ、当ててみせようかなー」

 と言ったものの、ユウ子は見当もつかなかった。

 が、とりあえず、仏教ときいてイメージするものを、いくつか挙げてみた。

「座禅?」

 後輩君は、首を横に振る。

「滝に打たれる?」

 また首を振る。

「祈る?」

 これまた後輩君は、首を横に振る。

「あー、ダメ。もう思いつかない。

 ほかに何があるわけ?」

「すみませんでした。

 では、お答えします。

 あの大きな船に乗る方法は、「聞く一つ」と教えられています」

「えっ?聞くだけ?」

 ユウ子は拍子抜けしたように、思わず声をあげた。

 確かに、意外な答えだった。

「はい。修行も学問もいりません。

 仏教を聞く一つで大船に乗れると教えられているんです」

「そうなんだー」

 もしかして「出家」っていわれたら、どうしようかと思っていたユウ子は、ちょっと胸をなでおろした。

「それで僕も仏教を聞いてるんすよ」

 と、後輩君が胸を張る。

「分かった。

 とにかく聞くことが大事なのね。

 まだ分からないことばかりだし、もっと勉強するためにも、 私も、続けて聞いてみようかな」

「はい、おともいたしやす」

「あ、大丈夫よ。今日、勉強会で隣になった子とライン交換したから」

「え~っ、じゃあ、僕の立場はどうなるんすか!?」

「さあ」

人生の苦海に、丸太や板切れと違う、裏切らない大船があるというならば、その方角に、進路をとってみよう。

長いトンネルの先にユウ子は初めて出口の光を見たような気がした。

「しあわせの道しるべ」編(まとめ)

○人は何のために生きるのか。

 最も大切なのが「人生の目的」です。

○「苦しみの波の絶えない人生の海を

  明るく楽しく渡す大船がある。

 この大船に乗ることこそ人生の目的」

 と仏教は教えられています。

○大船に乗る方法は「聞く一つ」

 ぜひ、これから仏教を聞いて、

 本当の幸せになっていただきたいと思います。

(もっと知りたい方へ)

13日間で、

仏教の「幸せになる3つの教え」が分かる3つの物語は、いかがでしたか。

今回取り上げた

「人生の目的」や「運命の仕組み」、「本当の自分」について、

もっと深く学びたい方には、こちらの入学をおすすめします。

  ↓↓↓

https://online.japan-buddhism.com/lp2/

生きる目的がはっきりすれば、すべての行為が意味を持ち、心から充実した人生になります。

ぜひ一度、お読みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タイトルとURLをコピーしました